大洗サンビーチ津波避難施設(通称ビーチセンター)

様々な活動が行なわれる大洗サンビーチ海岸において、東日本大震災の教訓とし、災害時における海岸利用者の適切な対応を促進し被害の軽減を図るため、茨城県が実施する津波高潮対策事業と一体的に津波避難施設を整備しました。

この「大洗サンビーチ津波避難施設」(通称ビーチセンター)は、鉄筋コンクリート2階建てで、ユニバーサルビーチを標榜するサンビーチにおいて、有事の際の逃げ遅れが想定される車椅子利用者や身体の不自由な人など、約180名を収容することが可能です。
大洗町では、今後の防災・減災の取組に役立てるとともに、平常時には海辺の賑わいを創出する様々な事業に活用していきます。

 

施設概要

 

位置図

関連ページ
SNSでシェアする