新型コロナワクチン4回目接種について

4回目接種について

新型コロナワクチン4回目接種対象者は、国の方針に基づき、3回目接種から5ヶ月以上経過した①60歳以上の方全員、②18歳から59歳以下の基礎疾患を有する方、③18歳から59歳以下の重症化リスクが高いと医師が認める方です。

接種券については、①の60歳以上は全対象者に6月中旬から順次郵送し、②、③に該当する基礎疾患を有する方等は、自己申告で申請いただいてからの発送となります。

対象者

60歳以上の方

18歳以上~59歳以下で基礎疾患を有する方

18歳以上~59歳以下の重症化リスクが高いと医師が認める方

接種間隔

3回目接種してから5ヶ月以上経過

ワクチン

ファイザーとモデルナの2種類

※接種について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

①60歳以上の方 ※18歳以上~59歳以下で②、③に該当の方はこちらをご覧ください。

接種券 60歳以上の全対象者に郵送します。
接種券発送 6月中旬から順次発送を予定しています。
予約(不要です) 接種券には接種日と場所を記載し割当てていますので、予約は不要です。今回の4回目接種はファイザー社ワクチンでの割当てとなります(ご希望でモデルナへの変更も可能です)。
※予約の変更や取り消しは、接種券に同封の「お知らせ」に記載の、コロナワクチン相談電話(☏029-229-3393)、健康増進課窓口または予約サイトへお願いいたします。
★3回目を高齢者施設で接種した方は、予約をお願いします。 ★なお、3回目接種を高齢者施設で接種した方には、予約割当てをしておりません。お手数をおかけしますが、コロナワクチン相談電話、又は健康増進課窓口でご予約いただけますようお願いいたします。
接種時期 7月から順次接種開始
町内接種場所

あらかじめ割り振って、接種券に記載させていただいております。

○ファイザー
大洗海岸病院(集団接種)、あいざわクリニック、さくらみちクリニック、さかた医院、保健センター(集団接種)

○モデルナ
保健センター(集団接種)

 

② ③ 18歳以上~59歳以下で基礎疾患を有する方 及び、18歳以上~59歳以下の重症化リスクが高いと医師が認める方

基礎疾患の対象
②18歳以上~59歳以下で基礎疾患を有する方
1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
※脂質異常症(高脂血症)のみでは、4回目接種の対象になりませんのでご注意ください。
(1) 慢性の呼吸器の病気
(2) 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
(3) 慢性の腎臓病
(4) 慢性の肝臓病(肝硬変等)
(5) インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
(6) 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
(7) 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
(8) ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
(9) 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
(10) 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障がい等)
(11) 染色体異常
(12) 重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
(13) 睡眠時無呼吸症候群
(14) 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している場合)
 
2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
BMIの目安
身長170cmで体重約87kg / 身長160cmで体重約77kg
接種券
※自己申告となりますのでお早めにご請求ください
基礎疾患等で18歳~59歳の方で接種を希望される方は、コロナワクチン相談電話(☏029-229-3393)、いばらき電子申請届出システム又は健康増進課窓口で申請していただき、接種券を請求してください。
接種券発送 申請時に3回目の接種と5ヶ月の間隔を確認したうえで、接種券をご自宅へ発送させていただきます。
予約 接種券がお手元に届いたら、接種予約をお願いいたします。
町内接種場所での接種予約は、コロナワクチン相談電話(☏029-229-3393)、健康増進課窓口又は、予約サイトでお願いいたします。(町外の医療機関で接種をご希望の場合は、町外医療機関での予約となります)
町内接種場所 ○ファイザー
大洗海岸病院(集団接種)、あいざわクリニック、さくらみちクリニック、さかた医院、保健センター(集団接種)
 
○モデルナ
保健センター(集団接種)

 

接種について(共通)

接種費用 無料です (全額公費
使用するワクチン 1~3回目に接種したワクチンの種類に関わらず、ファイザー又はモデルナを使用します。
ワクチンの効果と、副反応のリスクについて 〇ワクチンの効果
海外の研究では、3回目接種から4か月以上経過した60歳以上の方にファイザー社ワクチンを4回目接種した場合、オミクロン株流行期において、接種後6週間経過しても重症化予防効果が低下せず維持されていたと報告されています。
 
〇副反応について
・主な副反応は、注射した部分の痛み(※)、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、稀に起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。(※)初回(1回目・2回目)接種では、接種直後よりも翌日に痛みを感じる方が多く、また、接種後1週間程度経ってから、痛みや腫れなどが起きることも報告されています。
・ごく稀ではあるものの、1~3回目接種では、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。
・3回目接種では、1回目や2回目の接種と比較して、リンパ節の腫れが多く(20%程度)報告されています。症状がひどかったり長引く場合は、医療機関を受診してください。
・ごく稀ではあるものの、mRNAワクチン接種後にギラン・バレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。
接種当日の持ち物・服装・体調確認 〇接種会場に持っていく物
・予防接種済証、予診票が一緒になっている大きな紙(予診票の太枠内は事前にご記入ください)。
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
・お薬手帳(お持ちの方)
 
〇服装
・肩の近くに接種します。肩を出しやすい服装でおいでください。
 
〇体調確認
・事前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱(37.5℃以上)や体調不良がある場合は接種を控えてください。
・その際、接種をとりやめる場合は、コロナワクチン相談電話(☏029-229-3393)において、予約キャンセルの手続きをするとともに、接種予約していた医療機関へもご連絡ください。
予防接種法の努力義務の適用 ①60歳以上の方の接種は、予防接種法の努力義務となります。
②18歳以上~59歳以下で基礎疾患を有する方 及び、③18歳以上~59歳以下の重症化リスクが高いと医師が認める方の接種は、予防接種法の努力義務の適用外となります。
接種を受ける際の同意 ワクチン接種は任意です。接種を受ける方の同意なく行われることはありません。
接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

接種に関する問合せ先

ワクチン接種に関するお問い合わせ(電話・窓口)

コロナワクチン相談電話 ☏029-229-3393  受付時間8時30分~17時15分(平日)
健康増進課窓口(ゆっくら健康館1階)    受付時間8時30分~17時15分(平日)

予約サイト

https://jump.mrso.jp/083097/

お問い合せ
健康増進課 健康増進係
代表電話番号
029-266-1010
FAX
029-266-1012
Mail
お問合せフォーム
SNSでシェアする