弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射しており,去る平成29年9月15日の朝にも,日本上空を
弾道ミサイルが通過する事案が発生したところです。
北朝鮮の情勢を踏まえると,再び弾道ミサイルが発射され,日本に飛来することも考えられます。
改めて,以下の注意点に留意し,落ち着いて直ちに行動してください。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

弾道ミサイルは,発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は,
国からの緊急情報が,全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して,防災行政無線で特別なサイレン音と
ともにメッセージを流すほか,テレビ,ラジオ,緊急速報メールなどを通じて,直接町民の皆様に伝わります。

メッセージが流れた直後に取るべき行動

【屋外にいる場合】

・近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は
地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
・近くに適当な建物がない場合は,物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守ってください。

【屋内にいる場合】

・できるだけ窓から離れてください。窓のない部屋がある場合は,移動してください。

内閣官房「国民保護ポータルサイト」

内閣官房「国民保護ポータルサイト」にて,弾道ミサイル落下時の行動について掲載されていますので,ご参照ください。

お問い合せ
生活環境課 地域安全安心係
代表電話番号
029-267-5111
FAX
029-266-3577
Mail
お問合せフォーム
SNSでシェアする