トップくらしすまいと土地すまい > ブロック塀の適切な管理について

ブロック塀の適切な管理について

 ブロック塀はプライバシーの確保や防犯・防火等に役立っていますが、地震による倒壊の事例が多いことでも知られています。特に避難路や通学路など、多くの人が通行する道路に面するブロック塀については、倒壊による被害が拡大するので注意が必要です。

 ブロック塀は所有者の責任において管理することが基本です。倒壊を未然に防止するために、構造・耐久性・転倒防止対策を理解し、安全点検を行いましょう。

 また、安全点検の結果、危険性が確認された場合は、付近通行者への速やかな注意表示及び補修、撤去等の必要な措置を講じてください。

ブロック塀の点検のチェックポイント(国土交通省ホームページより)

1.塀は高すぎないか
 ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

2.塀の厚さは十分か
 ・塀の厚さは10cm以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
 ・塀の長さが3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。

4.基礎があるか
 ・コンクリートの基礎があるか。

5.塀は健全か
 ・塀に傾き、ひび割れはないか。

〈専門家に相談しましょう〉
6.塀に鉄筋は入っているか
 ・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
 ・基礎の根入れ深さは30cm以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)

PDF 建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について(国土交通省プレスリリース)(PDF 1.67 MB)
PDF ブロック塀の点検チェックポイント(PDF 1.58 MB)

掲載日 平成30年8月13日
【アクセス数 185】