トップビジネス入札情報 > 工事入札案件に係る積算内訳書の提出について

工事入札案件に係る積算内訳書の提出について

全ての入札案件に際し,積算内訳書の提出が義務づけられます。

 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(入札契約適正化法)の改正により,平成27年4月1日から工事請負の入札に際し積算内訳書の提出が義務づけられます。

 これまで大洗町では予定価格1,000万円以上の工事入札について積算内訳書の提出をいただいておりましたが
上記の法律改正に伴い平成27年度より指名競争入札を含めた全ての工事入札案件について入札書と併せて積算内訳書を提出していただくこととなります。

 また
今回の法律改正に伴い公共工事の施工体制台帳の作製義務が下請金額に係らず作成する必要があると拡大されましたので併せてお知らせいたします。(平成27年4月1日以降に契約を締結する工事について適用)


※法律の改正などの概要は国土交通省ホームページをご覧ください。
・品確法・建設業法・入契法等の改正について(国土交通)
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000089.html)


 

※予定価格1,000万円未満の公共工事に関する積算内訳書の様式は下記の関連資料よりダウンロードいただけます。
 なお、
1,000万円以上の公共工事については従来どおりとなります。


掲載日 平成28年4月26日
【アクセス数 2723】