トップ町の概要施設原子力施設 > 独立行政法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター

独立行政法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター

JAEA
 設立年

平成17年10月1日

 現在までのあゆみ

日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターのあゆみ

 

平成17年10月

旧日本原子力研究所と旧核燃料サイクル開発機構統合が統合し、「日本原子力研究開発機構」が発足

大洗では、旧原研大洗研究所と旧サイクル大洗工学センターが統合し、「大洗研究開発センター」が発足

平成18年8月 材料試験炉(JMTR)第165サイクル運転完了
平成18年11月 高速実験炉「常陽」は米国原子力学会ランドマーク賞受賞決定
平成19年1月

大洗わくわく科学館 来館者100万人達成

平成19年5月 高温工学試験研究炉(HTTR)30日間連続運転に成功
平成19年6月 高速実験炉「常陽」臨界30周年記念報告会&ランドマーク賞受賞式開催

 平成19年8月

 照射試験炉センターが発足し、材料試験炉(JMTR)の更新を本格化
 

 

旧日本原子力研究所大洗研究所のあゆみ

昭和31年6月 日本原子力研究所発足
昭和42年4月 大洗研究所設置
昭和43年3月 JMTR臨界達成
昭和49年3月

放射性廃棄物処理施設第1期工事完成

昭和52年3月 JMTR OGL-1(大洗ガスループ1号機)試料出口温度1,000度、100時間連続運転達成
平成元年6月 JMTR OSF-1(大洗シュラウド照射装置1号機)による軽水炉燃料の出力サイクル1000回達成

 平成4年3月

 JMTR100サイクル運転達成

 平成8年3月

 放射線廃棄物処理施設廃棄物管理事業開始
平成10年11月 高温工学試験研究炉(HTTR)初臨界達成
平成12年3月 安全情報交流棟竣工
平成13年12月 HTTR 30MW、850度達成

 平成14年3月

 HTTR使用前検査に合格
平成15年8月 世界初 水の高温熱分解による水素製造に成功
平成16年4月 HTTR 30MW、950度達成

核燃料サイクル開発機構のあゆみ
昭和42年10月 動力炉・核燃料開発事業団発足
昭和44年8月
11月
12月
ナトリウム流動伝熱試験施設(2MW)が完成
照射燃料試験施設(AGF)建屋が完成
重水臨界実験装置(DCA)が臨界

昭和45年 3月

5月

大洗工学センターが発足

「常陽」の鍬入式を挙行

昭和49年 4月

7月

照射燃料集合体試験施設(FMF)が完成

50MW蒸気発生器試験施設の運転開始

昭和52年 4月 「常陽」増殖用炉心(MK-1)の初臨界
昭和57年11月 「常陽」増殖用炉心(MK-2)の初臨界
昭和60年 5月 ナトリウム燃焼試験施設(SAPFIRE)が完成
昭和62年 9月 プラント過渡応答試験装置(PLANDTL)が完成

 平成3年10月

 情報センター開所式
平成5年 3月 「常陽」原子炉運転時間5万時間達成

 平成7年1月

12月

高速炉リサイクル国際特別研究員制度発足

もんじゅNa漏えい事故発生

 平成9年2月

もんじゅNa漏えい事故原因究明終了

平成10年10月 核燃料サイクル開発機構発足
平成11年 6月 FBRサイクル実用化戦略調査研究開始

 平成12年3月

6月

 

 大洗工学センター開所30周年

「常陽」照射用炉心(MK-2)の運転終了

ISO14001認証取得

 平成13年3月

 

7月

10月

 FBRサイクル国際研究開発センターの竣工

大洗わくわく科学館の竣工

大洗わくわく科学館開館

「常陽」メンテナンス建屋の火災

 平成14年1月

 重水臨界実験装置(DCA)の廃止届出

平成15年4月

7月

12月

東京工業大学と連携大学院に関する協力協定を締結

「常陽」高性能照射用炉心(MK-3)の初臨界

大洗わくわく科学館 来館者50万人達成

平成16年5月

技術相談窓口開設
 設立の目的  建物写真  国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構は、日本原子力研究所と核燃料サイクル研究開発機構が平成17年10月1日に統合し、我が国唯一の原子力の統合的研究開発機関として、基礎・応用研究から核燃料サイクルを確立するための技術開発にいたるまで、幅広い分野にわたって我が国の原子力研究開発を担う研究開発機関として発足しました。     
 洗におきましては、日本原子力研究所大洗研究所と核燃料サイクル開発機構大洗工学センターが統合し、新組織「大洗研究開発センター」が研究開発を進めています。
 事業の概要  洗研究開発センターでは、材料試験炉(JMTR)を用いて、発電用原子炉などで使用する材料や燃料を強い放射線で照射し、それらの耐久性や適性を調べる研究を行なっており、国際熱核融合実験炉(ITER)など将来の原子炉に用いる材料の研究開発やラジオアイソトープの生産を行なっておりましたが、老朽化した原子炉機器等の更新と利用ニーズに対応した照射設備の整備を行なうため、平成19年から改修工事を進め,平成26年からは国の新規制基準に対応するための手続きも進めています。
 た、近年においては原子炉から高温のガスを取り出し、発電のみならず化学工業など多方面の分野への原子力の利用を目指した高温ガス炉の研究開発に取り組んでいます。このため、高温工学試験研究炉(HTTR)を建設し、平成10年11月に初臨界を迎え、平成16年4月に原子炉出口温度950℃を達成しました。今後、HTTRを用いた水素製造の研究開発を推進する等原子力エネルギー利用の多様化を目指します。
 らに、高速増殖炉という新しい原子炉の研究開発をしています。その代表的な施設である高速実験炉「常陽」は、高速増殖炉の実用化に必要ないろいろな実験をするための原子炉です。将来の高速増殖炉で使うための、さらに、性能のよい材料や燃料を開発するための研究などに利用されています。
 主要課題  大洗研究開発センターは、施設の安全を最優先に掲げ、地域の皆様との共生を図りつつ、以下の主要課題に取り組んでおります。
次世代原子力システムの研究開発
高速増殖炉サイクル実用化戦略調査研究を進め、高速実験炉「常陽」などでの試験を通じてFBRサイクル実用化をめざします。
原子力による水素社会の実現に貢献する研究開発
高温工学試験研究炉(HTTR)を活用して高温ガス炉技術基盤を確立します。高温ガス炉及び高速増殖炉からの高温核熱を利用する水素製造技術を開発します。
照射試験研究による社会貢献
材料試験炉(JMTR)、「常陽」、HTTRでの照射試験、照射後試験など燃料や材料の研究開発に貢献します。また、施設・設備の外部利用を促進し、産学官との連携の強化を図ります。
 施設の紹介
 敷地 160万平方メートル
 主な施設 材料試験炉(JMTR)
高速実験炉「常陽」
高温工学試験研究炉(HTTR)
燃料材料試験施設
燃料研究棟
ナトリウム技術開発施設
Fセルボ
廃棄物管理施設
固体廃棄物前処理施設
安全情報交流棟
事務本館
人造湖「夏海湖」
 所在地 東茨城郡大洗町成田町4002番
 電話番号 029-267-4141
 FAX 029-267-1637
 本部 〒319-1184 茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
029-282-1122
 ホームページ http://www.jaea.go.jp/04/o-arai/index.html
 大洗町の原子力施設TOPへ
 メニューここから 日本原子力研究開発機構 日本核燃料開発 日揮株式会社 東北大学金属材料研究所  メニューここまで
 
 

掲載日 平成28年2月29日
【アクセス数 30240】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
生活環境課 地域安全安心係
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-266-3577
Mail:
(メールフォームが開きます)