トップくらし生活・環境防災 > 「警戒レベル」を用いた避難の呼びかけについて

「警戒レベル」を用いた避難の呼びかけについて

 国(内閣府・消防庁)では,水害・土砂災害について,市町村が出す避難情報や気象庁等による防災気象情報を
災害発生の危険度に応じて5段階に区分し,住民がとるべき避難行動を示しました。

 今後,避難情報を発令する際には5段階の警戒レベルも併せてお知らせいたします。
 
〇警戒レベルと住民がとるべき避難行動・避難情報等

警戒レベル 住民がとるべき避難行動 避難情報等 備考
警戒レベル5 既に災害が発生している状況。
命を守るための最善の行動をとる。
災害発生情報※1 大洗町が発令
警戒レベル4 対象地域の人全員が避難する。 避難勧告
避難指示(緊急)※2
警戒レベル3 避難に時間を要する人(ご高齢の人,体の不自由な人,小さな子供がいる人など)とその支援者は避難を開始する。
その他の人は,避難の準備をする。
避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2 避難に備え,ハザードマップ等により,自らの避難行動を確認する。 洪水注意報,大雨注意報等 気象庁が発表
警戒レベル1 気象情報等の最新情報に注意するなど,災害への心構えを高める。 早期注意報情報

※1 災害発生情報は,災害が実際に発生していることを把握した場合に可能な範囲で発令します。
※2 避難指示(緊急)は,地域の状況に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合に発令します。
 
※ 各種の情報は,警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。
※ 町は,様々な情報をもとに,避難情報を発令する判断を行うことから,必ずしも防災気象情報と同じレベルの
  避難情報が同時に発令されるわけではありません。

 
〇避難行動呼びかけの例

・緊急放送,緊急放送,警戒レベル4,避難開始。
 緊急放送,緊急放送,警戒レベル4,避難開始。
 
・こちらは,大洗町です。
 
・〇〇地区に洪水に関する警戒レベル4,避難勧告を発令しました。 
 
・涸沼川が氾濫するおそれのある水位に到達しました。
 
・〇〇地区の方は,速やかに全員避難を開始してください。
 
・避難場所への避難が危険な場合は,近くの安全な場所に避難するか,屋内の高いところに避難してください。


 


掲載日 令和1年6月5日
【アクセス数 273】