トップ放射線等に関する情報 > 6月6日に発生した日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター燃料研究棟における事故について

6月6日に発生した日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター燃料研究棟における事故について

 平成2966日(火),国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター燃料研究棟において
発生した事故について,周辺のモニタリングポスト等で空間放射線量率を確認した結果,外部環境への放出や
周辺への影響等はありません。

 
 町民の皆様,来遊客の皆様,事故前と空間放射線量率の変化はありませんのでご安心ください。
 
 なお,本町の対応としては,以下のとおりです。
 
  ・平成2967日(水)に日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター郡司副所長
 「安全管理のより一層の徹底に取り組んで欲しい」と口頭で要請

  ・平成2967日(水)に茨城県および関係自治体と日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターへの立入調査を実施
  ・平成2968日(木)に「事故の早急な原因究明や再発防止,迅速な情報提供」等を行うよう
  日本原子力研究開発機構児玉敏雄理事長へ書面で緊急要請

  ・平成2969日(金)に「事故の早急な原因究明や再発防止,監視体制の強化」等を行うよう
   松野博一文部科学大臣へ書面で要請

 
 引き続き,詳細な情報収集をし,皆様方への情報提供を行ってまいります。
 
 
○モニタリングポスト等による空間放射線量率の閲覧
 以下のリンク先より,茨城県内および国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター内における
モニタリングポストの数値を確認することができます。

 
茨城県
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター

○国立研究開発法人日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターによるプレス発表内容について
 
以下のリンク先より,大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染についてのプレス発表内容を確認することができます。

・大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染についてのプレス発表内容
 

掲載日 平成29年8月1日
【アクセス数 3719】