トップビジネス農林水産水産に関すること潮干狩りのルール > 潮干狩りはルールを守って楽しみましょう

潮干狩りはルールを守って楽しみましょう

 
潮干狩りのルールが変更されます
 
 2018年4月1日より,鹿島灘の海岸での潮干狩りのルールが変更されます。
 新しいルールについての詳細は,こちらの「鹿島灘での潮干狩りの新しいルール/茨城県」をご確認ください。
 
大洗町での潮干狩りについて 
 
 大洗町においては,第1サンビーチと第2サンビーチ(茨城港大洗港区西防砂堤~大貫地区海岸突堤まで)でのみ貝類を採捕(採ること)することができます。
 第2サンビーチより南側の海岸は保護区域となり貝類を採捕することはできません。
 採捕が許可された場所以外での貝類の採捕は,漁業権侵害や漁業関係法令違反となるため,行うことができません。


 
はまぐり資源を大切に
 
 茨城県では,大量のはまぐり種苗を放流して,資源の増大に努めています。漁業者も小さな貝の再放流や操業時間の制限を行い,資源管理を積極的に進めています。
 潮干狩りを楽しむ皆さまにも海の資源を大切に保護していくため,ルールを守っていただきますようご協力をお願いします。



   鹿島灘はまぐり推定資源量の推移


                      

   ほっきがい推定資源量の推移


                      

 

 下記の制限に違反して貝類を採捕した場合,茨城県漁業調整規則等の法令により罰せられることがあります。ルールを守って潮干狩りを楽しみましょう。
 
量の制限があります

「採れる量は1人あたり1日1キログラムまで」
 大洗町から神栖市までの海岸には,鹿島灘はまぐり、こたまがい,ほっきがい等を対象とした漁業権が設定されているので,この地域内で一般の方がこれらの貝類を自由に採捕することはできません。
 ただし,漁業権者である鹿島灘漁業権共有組合連合会は,貝類資源が減少している中,地域振興を図るため,潮干狩りなどを楽しむ一般の方々に平成13年4月1日から「1人あたり1日1キログラムまで」貝類の採捕を認めています。
 
大きさに制限があります

3センチメートル以下の鹿島灘はまぐり,こたまがいは採ってはいけません。
ほっきがいは,7cm以下のものは採ってはいけません。    

 
 貝のサイズ
道具の制限があります
 
使える道具は右図に示すものです。
網をつけることは禁止されています。
市販品を購入する場合にも,十分注意してください。
 熊手のサイズ
 
 
問合せ
茨城県農林水産部漁政課
茨城海区漁業調整委員会
鹿島灘漁業権共有組合連合会
電話 029-301-4080
電話 029-301-4083
電話 0299-82-2089
 
 
   

掲載日 平成30年3月14日
【アクセス数 18377】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
農林水産課 水産振興係
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-266-2412
Mail:
(メールフォームが開きます)