トップその他 > 「大洗町オープンデータポータルサイト」について

「大洗町オープンデータポータルサイト」について

茨城県では、国の定めた定義に基づいてオープンデータを公開しています。

 

オープンデータとは

オープンデータとは、国民や企業等の第三者が利用しやすい形で公開されている、国や自治体の保有する公共の情報のことです。
国においては、「オープンデータ基本指針」(平成29年5月30日、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部・官民データ活用推進戦略会議決定)において、以下のとおりオープンデータを定義しています。

 

オープンデータの定義

オープンデータとは、国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、国民誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。
 

1.営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの

2.機械判読に適したもの

3.無償で利用できるもの
 

オープンデータの利用について

大洗町では、大洗町オープンデータポータルサイトでデータを公開しています。ご利用の際には、オープンデータ利用規約に従ってご利用いただくようお願いいたします。また、サービスの利用をもって規約の内容を承諾いただいたものとみなします。
公開するデータの著作権は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき利用の範囲を定めています。
詳しくは、クリエイティブ・コモンズまたはクリエイティブ・コモンズ・ジャパンをご参照ください。

茨城オープンデータポータルサイト
利用規約


掲載日 令和2年10月8日
【アクセス数 1532】