トップ > アクアワールド大洗 1,500万人達成 万歳!(平成27年6月)

アクアワールド大洗 1,500万人達成 万歳!(平成27年6月)

町長顔写真
アクアワールド大洗 1,500万人達成 万歳!


 5月14日,アクアワールド大洗水族館が入館者1,500万人目に達するとの連絡を受けて水族館へ向かう。この日もまた,遠足の子ども達や一般の方々で平日とは思えない賑わいである。
 記念すべき節目の人は,土浦市から家族で遊びに来ていた2歳の女の子。かわいらしい1,500万人目に記念セレモニーの雰囲気が一気に和んだ。
 オープン以来,震災の年を除き,毎年100万人を超える入場者があるアクアワールド大洗は,約580種68,000点の展示数を擁する。また,シンボルマークでもある「サメ」は日本一の飼育数,日本最大のマンボウ専用水槽,世界最大のウバザメ剥製など,日本有数の水族館としての地位は磐石であります。また,13年2ヶ月という短い期間での1,500万人達成は,施設面の充実はもとより,職員の皆さんのニーズを的確に捉えた企画力が,お客様にとって魅力的であるという評価の現れでもありましょう。
 省みれば,わが町に初代水族館が誕生したのは昭和27年。その独特の外観から「竜宮城」と呼ばれていました。2代目は,昭和45年にプールを併設した「海のこどもの国」大洗水族館として誕生。東洋一の施設と謳われ,また昭和51年から始まったペンギンショーは世界初の試みであったと記憶しています。
 水族館は,初代開業以来わが町の代表的施設として観光産業の一翼を担っていただいています。県内随一,年間560万人の観光客を誇る観光立町大洗を牽引し,その吸引力は誰もが認めるところであり,地域振興への貢献度は計り知れないものがあります。
 大洗町としても,せっかくご来町いただいた方々に対し,町内に留まって回遊していただけるよう「今だけ,ここだけ,あなただけ」の「見る,遊ぶ,食べる」を提供し観光リゾート地としての全体のレベルを向上していかなければなりません。幸いにも,絶大な集客力を持つ水族館やめんたいパークの存在は,起業機会の面からみても恵まれており魅力的です。そういったことをしっかり認識し,お互いの連携を強めながら勢いを加速させ,更なる魅力づくりを実現していくことが大洗創生に繋がるのではないでしょうか。仕事の創造を目指して官民一体となって知恵を出して頑張りましょう。 

 
記念セレモニー  記念セレモニー(2)

掲載日 平成31年4月26日
【アクセス数 2148】