トップ子育て給付・手当 > 児童扶養手当

児童扶養手当

内容


◆児童手当とは
 児童扶養手当は,父母の離婚などにより父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を目的として支給される手当です。


◆支給額 

 ○全部給額
   
対象児童数        全部支給
    1人       月額 42,330円
    2人       月額 47,330円
    3人       月額 50,330円
 
  一部支給

 就労等による年間収入額の増加に応じて手当額を加えた総収入額がなだらかに増加するよう,手当額を42,320円(月額)から9,990円(月額)まできめ細かく設定。

   対象児童数       一部支給
     1人       月額 42,320円~ 9,990円
     2人       月額 47,320円~14,990円
     3人       月額 50,320円~17,990円
   ※4人目以降は,3,000円ずつ加算されます。
 

 〇 所得の制限

 受給資格者,その配偶者又は同居(同住所地で世帯分離している世帯を含む。)の扶養義務者(父母・祖父母・子・兄弟など)の前年の所得がそれぞれ下表の額以上であるときは,その年の8月から翌年の7月までの手当の一部又は全部の支給が制限されます。

 

  所得制限限度額表

 所得

 

 

 

扶養親族数

本人

扶養義務者・配偶者

孤児等の養育者

全部支給

一部支給

0

190,000

1,920,000

2,360,000

1

570,000

2,300,000

2,740,000

2

950,000

2,680,000

3,120,000

3

1,330,000

3,060,000

3,500,000

4

1,710,000

3,440,000

3,880,000

5

2,090,000

3,820,000

4,260,000

 〇所得額の計算方法(課税台帳に基づき計算します。)

  所得額=年間収入金額-必要経費(給与所得控除額)+養育費の8割相当額-次表の諸控除-8万円(社会保険料等相当額)
 

諸控除の額
 配偶者特別控除・医療費控除・雑損控除等 地方税法で控除された額
 寡婦控除(一般)・寡夫控除 270,000円
 寡婦控除(特別) 350,000円
 障害者・勤労学生控除 270,000円
 障害者特別控除 400,000円

 受給資格者が母(父)の場合は,寡婦(夫)控除については控除しません。

 〇所得制限限度額に加算されるもの
 ・受給資格者本人
  老人控除対象配偶者,老人扶養親族がある場合 10万円/人
  16歳以上19歳未満の扶養親族,特定扶養親族がある場合 15万円/人
 ・扶養義務者,配偶者,孤児等の養育者
  老人扶養親族がある場合 6万円/人(ただし,扶養親族等が全て老人扶養親族の場合は,1人を除く。)

 

 

対象・該当者

 次のいずれかにあてはまる「児童」を監護(保護者として生活の面倒をみること)している母,「児童」を監護し、かつ、生計を同じくする父又は父母にかわってその児童を養育している方(養育者)が手当を受けることができます。
 「児童」とは18歳に達する日以後,最初の3月31日(18歳の年度末)までにある児童をいいます。ただし,心身におおむね中度以上の障害(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障害)がある場合は,20歳未満までとなります。
なお,受給者,児童ともに国籍は問いません。

 

支給の対象となる児童

1.

父母が離婚した児童

2.

父または母が死亡した児童

3.

父または母が法令で定める障害のある児童

4.

父または母の生死不明な児童

5.

父または母が引き続き1年以上遺棄(連絡がとれず児童の養育を放棄していること)している児童

6.

父または母が裁判所からDV保護命令を受けた児童

7.

父または母が1年以上拘禁されている児童

8.

母が婚姻によらないで生まれた児童 

9.

母が児童を懐胎したときの事情が不明である児童

 

申請・提出先

 こども課 子育て支援係

 

申請・提出方法
申請時期
 随時
申請時に必要なものは
 支給要件によって添付書類が異なりますので,こども課までお訪ねください。
本人以外の申請は可能か
 該当者本人
持参・郵送・電子メールでの申請はできるか

 こども課窓口へ持参

 

手数料・自己負担・利用の期限など

 所得制限があります。詳しくは,こども課 子育て支援係までお問い合わせください。

 

備考
受給資格があっても請求しない限り,支給されませんので注意してください。
認定を受けた方は,さまざまな届出義務があります。事由が生じたときは速やかに窓口に届出てください。
   

 


掲載日 平成28年11月4日
【アクセス数 14361】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
こども課 子育て支援係
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-264-5012
Mail:
(メールフォームが開きます)