トップ妊娠・出産 > 未熟児養育医療費助成制度

未熟児養育医療費助成制度

未熟児養育医療費助成制度について
 
平成25年4月1日から未熟児養育医療費助成制度に関する窓口が,水戸保健所から大洗町(健康増進課 保健センター)に変更になりました。
 
【概要】
未熟児養育医療費助成制度とは,身体の発育が未熟な状態で生まれた赤ちゃんが,指定医療機関に入院して治療を受ける必要がある場合に,その治療に必要な医療費の一部を公費で負担する制度です。
 
【対象となる方】
大洗町に居住する1歳未満の赤ちゃんで,体重が2,000g以下または,生活力が特に弱く,医師が指定医療機関での治療を必要と認めた方。
    
【申請方法】
赤ちゃんが入院中に,必要書類を添えて健康増進課(ゆっくら館1階 保健センター)の窓口に申請してください。
 
【申請書類】
     ・お子様の保険証
     ・認印
     ・世帯員全員の源泉徴収票または確定申告書の写し
     ・養育医療給付申請書
     ・委任状
     ・養育医療意見書(指定医療機関で記入)
     ・世帯調書
 
 

掲載日 平成26年7月2日
【アクセス数 8883】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康増進課 健康増進係
代表電話番号:
029-266-1010
FAX:
029-266-1012
Mail:
(メールフォームが開きます)