トップ子育て健康・医療 > 保護者以外の同伴での予防接種について

保護者以外の同伴での予防接種について

予防接種は,原則として保護者(父,母,後見人)の同伴が必要です。
やむを得ない理由により保護者が同伴できない場合は,接種を受ける子どもの健康状態を普段からよく知る親族などが同伴し,接種を受けることができます。
その場合,保護者の自署による委任状が必要になります。

保護者が同伴しない場合には,予診票とともに,委任状を持参の上,医療機関を受診してください。

 

掲載日 平成26年4月22日
【アクセス数 2201】