トップ入園・入学国民年金の手続き > 国民年金 学生納付特例制度

国民年金 学生納付特例制度

内容
 20歳以上の学生で,所得が少なく(学生本人の前年所得が118万円以下),保険料を納められないときその納付を猶予する制度です。
対象・該当者
 国民年金第1号被保険者で,大学(大学院),短大,高等学校,専修学校および各種学校などに在学する学生。
申請・提出先
 住民課高齢医療年金係 
申請・提出方法
いつまでに(申請・提出の期限)
 毎年4月~5月末(年度ごとに申請手続が必要です)
申請時に必要なものは
  1. 年金手帳または基礎年金番号のわかるもの(納付書等)
  2. 印鑑
  3. 申請年度有効な学生証のコピー又は在学証明書
  4. 前年以降会社を退職して学生になった場合は,退職を確認できる書類
手数料・自己負担・利用の期限など
 無料
備考
 申請の受付は,その年度内であれば5月を過ぎてもできますが,申請前に起因する事故や病気で障害者となっても,障害基礎年金受給のための納付要件を満たせない場合がありますので,できるだけ期間内に申請してください。

掲載日 平成28年7月1日
【アクセス数 15752】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
住民課 高齢医療年金係
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-266-0439
Mail:
(メールフォームが開きます)