▼色合いの変更 標準 | 1 | 2 | 3 |
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
トップ町議会のしくみ > 町議会の権限

町議会の権限

 
町議会には,法律によって多くの権限が与えられています。主なものは次のとおりです。

議決権

 町長や議員から提出された議案などを審議して,議会の意思を決めることを議決といいます。議決する事項は,地方自治法第96条に定められており,その主なものは,次のとおりです。
  1. 条例の制定,改正,廃止をすること
  2. 予算を定めること
  3. 決算を認定すること
  4. 町の税金の賦課徴収,分担金,使用料,加入金,手数料などの徴収に関すること
  5. 5千万円以上の工事などの契約を締結すること
  6. 町の財産を交換したり,譲渡したり,貸し付けること
  7. 2千万円以上の財産の取得や処分を決めること
  8. その他,法律や条例などにより町議会の権限とされている事項
選挙権

議長,副議長や選挙管理委員などを選挙します。

同意権

町長が選任する副町長,監査委員,教育委員などに同意を与えます。

検査権・監査請求権

町の事務に関する書類や計算書を検閲するなどして,町の事務管理や議決の執行状況などを検査します。また,監査委員に監査を求め,その結果の報告を求めることもできます。

調査権

町議会が,町の事務に関する調査を行える権利です。必要に応じて関係者の出頭や証言,記録の提出を請求することができます。

意見書提出権

国会及び国や県などの関係行政庁に対して意見書を提出し,町議会としての意思を表明することができます。

請願・陳情受理権

町政に対する要望などを請願書・陳情書という文章により受理します。関係する委員会に付託された請願・陳情は慎重に審議されます。

掲載日 平成21年5月29日
【アクセス数 5499】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
議会事務局
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-266-3577
Mail:
(メールフォームが開きます)