トップ高齢・介護介護保険 > 介護保険負担限度額認定申請について

介護保険負担限度額認定申請について

 
介護保険負担限度額認定申請について
  
  介護保険施設やショートステイを利用する方の食費・居住費については,本人負担が
原則ですが,低所得の方については負担軽減を行っております。
 平成27年8月から食費・居住費の負担軽減の基準が変わりました。
 在宅で暮らす方や保険料を負担する方との公平性を高めるため,一定額以上の資産
(預貯金等)をお持ちの方には,ご自身で負担いただくよう基準を見直します。引続き
食費や居住費の軽減を受けるためには介護保険負担限度額認定申請書を大洗町に
提出し,負担限度額認定証の交付を受ける必要があります。

 
平成28年8月以降の負担限度額認定の受給要件の見直しについて

 

 これまでは,利用者負担第2段階と第3段階の判定にあたり,課税年金(老齢年金など)
収入と合計所得金額の合計額を用いていましたが,制度改正により,平成28年8月からは,
新たに非課税年金(遺族年金と障害年金)収入も含めた合計額を用いて判定を行うことに
なります。
  また,今回の改正を受け,申請書に非課税年金の受給の有無と受給している非課税年
金の種別(遺族年金・
障害年金の別及び年金保険者の別)の記入が必要となります。


【申請に必要な書類】 
 (1)介護保険負担限度額認定申請書
   ※配偶者が大洗町以外に居住されている場合には,課税証明書又は非課税証明書の
    添付が必要になります。
 (2)同意書
 (3)通帳の写し(配偶者がいる方は配偶者分を含む)  
  ・表紙または表紙をめくってすぐの見開きページ(口座番号、取扱支店名などの記載部分)
  ・記帳部分はなるべく申請日の直前に記帳していただき,最終記帳日から2ヶ月の履歴
   が分かる部分
  ・定期預金があるときは,その見開きページ
 (4)個人番号通知カードまたは個人番号カード
 (5)印鑑
 (6)委任状
 
※預貯金以外の資産については,下段の関連資料(PDF)周知用のリーフレットを参照
 の上,必要な書類の写しをご提出ください。
※代理人の方が申請する場合には,身分証明書(運転免許証等)をお持ちください。

【提出先】
 大洗町福祉課介護保険係(1階5番窓口)
 
【申請の注意等】
 ○ご本人以外の方が申請書を記入する場合は,申請者の欄を必ず記入してください。
 ○ご本人以外の方が同意書を記入する場合は,下段に代筆○○○○と記入してください。
 ○同意書はご本人直筆であっても必ず押印が必要です。シャチハタ以外の印鑑で押印して
  ください。配偶者がいる場合も同様です。
 ○認定申請の結果については,該当する方には決定通知書及び認定証を,該当しない方
  には決定通知書のみ送付いたします。
 ○郵送でも受付いたしますが,記入漏れや書類の不備があった場合には,再提出を依頼さ
  せていただくことがあります。
 ○認定の際には,ご本人と世帯全員(配偶者と世帯が別の場合はその方も含む)の当該年
  年度中の所得状況を確認する必要がありますので,未申告などにより所得状況が確認
  できない場合には,ご連絡させていただくことがあります。
   


 

掲載日 平成30年5月24日
【アクセス数 1993】