トップ高齢・介護介護保険 > 平成29年度介護保険料について

平成29年度介護保険料について

65歳以上の方の介護保険料について(第1号被保険者)

 

  65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料は3年ごとに見直しを行うことになっています。
  平成27年度から平成29年度までの3年間の介護保険料の額は
第6期介護保険事業計画で介護サービス給付の
 見込みをもとに算定した結果
ご本人世帯員の所得に応じて下表のとおり設定いたします。
  
 【65歳になる年度の介護保険料について】
 
   例)6月1日生まれの方・・・5月より介護保険料がかかります
   (第1号被保険者の資格取得日は誕生日前日の5月31日となります)
 
   4~5月分は加入されている医療保険から納め
6月~翌年3月分は年度末までの納期に分けて
   納付書で納めます。移行に際し保険料が重複することはありません。
 
 【介護保険料の納め方】
   受給している年金の受給額によって特別徴収
普通徴収の2種類に分けられます
  
  ○特別徴収
   年金から天引き・・・年金が年額18万円以上の方
   年金の定期支払い(年6回)の際
保険料が年金からあらかじめ差し引かれます

   仮徴収・・・4月、6月、8月
   本徴収・・・10月、12月、2月


   ※年金が年額18万円以上でも一時的に納付書で納めていただく場合があります
    
    ・年度途中で65歳(第1号被保険者)になった場合
    ・他の市町村から転入した場合
    ・年度途中で年金の受給が始まった場合
    ・収入のやり直しなどで、保険料の所得段階が変更になった場合
    ・年金が一時差し止めになった場合
 
   ○普通徴収

   納付書・口座振替・・・年金が年額18万円未満の方
   送付されてくる納付書で、期日までに保険料を納めます
   口座振替を希望される方は
希望される金融機関等で手続きが必要です
 
 期別  1期  2期  3期  4期  5期  6期  7期  8期
納期(末日)  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月

  
  ※6期の納期は12月25日になります。
  ※末日が祝祭日の場合には
翌日の金融機関営業日が納期になります。
 

 

40~64歳(第2号被保険者)の方の介護保険料について

 
  医療保険者が徴収します。保険料の額は
加入している医療保険によって異なります。
  介護保険料は医療保険の保険料に上乗せした形で納めます。

 

健康保険・共済組合(職場の健康保険)に加入している方 国民健康保険に加入している方
  • 加入している医療保険の算定方式にもとづいて決まります。
  • 40歳から64歳の扶養されている方は個別に保険料を納める必要はありません。
 ・世帯に属している第2号被保険者の人数や,
  所得などによって決まります。

 ・世帯に属している第2号被保険者全員の医療分と
  介護分を合わせて,世帯主が納めます。

 


 

保険料を滞納すると・・・

 
 特別な事情がないのに保険料を滞納が続くと
未納期間に応じて下記の給付制限を受けることになります。

 
 【1年間滞納した場合】
   サービス利用時の支払い方法の変更をおこないます。
   サービスを利用したとき
いったん利用料の全額を負担します。
   申請により
介護保険給付分(9割)が大洗町より払い戻しされます。

 【
1年6ヶ月間滞納した場合】
   保険給付の一時差し止めをおこないます。
   差し止め額から滞納保険料を差し引きます。


 【2年以上滞納した場合】
   未納期間に応じて
1割または2割の利用者負担が3割に引き上げられます。
   高額介護サービス費等の支給が受けられなくなったりします。
   

 

 

  

 


掲載日 平成29年2月20日
【アクセス数 11212】
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉課 介護保険係
代表電話番号:
029-267-5111
FAX:
029-264-5012
Mail:
(メールフォームが開きます)